ホワイトニングサロン ボーテ那覇

ホームホワイトニングのマウスピース専用の洗浄剤について

timer2023.7.31

ホワイトニングサロンボーテでは、ほとんどのお客様がデュアルホワイトニングといってオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを行い
歯を白くしています。

オフィスホワイトニングは医院に来ていただき、歯に薬液を塗布してホワイトニングしていく方法ですが、ホームホワイトニングは、オーダーメイドで作成したマウスピーストレーにホワイトニングのお薬を注入して、お家で歯を白くしていく方法です。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングはどちらも同時に行うのが、ホワイトニング成功の秘訣なのですが、今回は、そのホームホワイトニングで使用するマウスピースの正しい洗い方をお伝えしたいと思います。

ホームホワイトニングのマウスピースは清潔に保ちましょう

ホワイトニングサロンボーテでは、洗浄剤を使用して清潔に保つことをお勧めしています。
以前は、週に一回の頻度で良いとお伝えしていたのですが、清潔に長くマウスピースをご愛用いただくために、使用後は毎回専用の洗浄剤を用いて洗っていただくことをお勧めしています。

マウスピースに注入するホワイトニングの薬剤は、ジェルタイプになっていて、ブランドによって粘稠度は様々ですが、一般的によく使われている薬剤は、粘液性の高い硬めのテクスチャーのものが多いかと思います。

粘稠度が高いと、マウスピースにジェルが残りやすく、水洗やブラシだけでは残ってしまい、固まってしまいます。
そうなると黄ばんできたり、見た目だけの影響ではなく、マウスピースがきっちりフィットしなくなってきたりしてしまいます。

またお口の中は菌だらけなので、数時間口の中に入れていたマウスピースは当然衛生的にもよくありません。

マウスピース専用おすすめの洗浄剤

口腔アイテムの洗浄剤は市販でも多く売られていますよね。特に入れ歯用の義歯洗浄剤など、色んなブランド様から出ているかと思います。
洗浄できるものであれば、特に問題ないのですが
ホームホワイトニングのマウスピースを洗浄するのに、とってもおすすめの洗浄剤を見つけました!

成田デンタルさんの『マウスピース作りのプロが開発したマウスピース洗浄剤』です。
こちらは、マウスピースを作る技工所、製薬会社、歯科医院が共同開発してできた、まさに、マウスピースのための洗浄剤なのです!

IPMP、CPC、Ag +という3つの除菌成分と、ソープナッツと茶カテキンの植物由来の抗菌成分が配合され、強力除菌してくれます。
また、香り付きの洗浄剤というのもお気に入りポイントです。

1箱に、ピーチミント、マスカットミント、シトラスミントの3種類のフレーバーが入っています。
どれもキツすぎず、自然な香りで、面倒なひと手間も気分が良くなるアイテムです。

もちろん、矯正用のマウスピースにも使用できます。

入れ歯用の洗浄剤ですと、歯石やプラークなどをしっかり除去するように洗浄力が高く作られていることが多く、ホワイトニング用のマウスピースなどは入れ歯に比べて素材がとても柔らかいので、入れ歯用の洗浄力だと少し強すぎて痛めてしまう可能性もあるそうです。

ホワイトニング用のマウスピースは消耗品にはなりますが、使用頻度によっては大体3ヶ月〜半年くらいは使用できるので、少しでも綺麗に長く使っていただけるよう、マウスピースのケアもしっかり正しく行なってください。

成田デンタルさんの『マウスピース作りのプロが開発したマウスピース洗浄剤』は、ホワイトニングサロンボーテの店頭にて、8月より順次販売開始となります。気になるかたはお気軽にお声かけください。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

ボーテ公式
ボーテ公式
ホワイトニング・デンタルエステ・歯のクリーニング専門サロンBeauteのブログです。歯を白くしたい方、歯の黄ばみが気になる方、結婚式や就職活動など大事なイベントを控えている方は、ぜひボーテ式ホワイトニングをお試しください!

カテゴリー

最新投稿

ホワイトニングをご検討中の方へ

標準的な治療内容

アパタイト配合のホワイトニング剤とLEDライトを使用し、歯がしみるのを防ぎ、歯を強くしながら色素を分解して歯を白くします。

標準的な費用

ホワイトニングは自費診療です。

ボーテ式ホワイトニング 60分 15,400円(税込)
ホームホワイトニング 10日分 31,900円(税込)
起こり得る副作用
(リスク)
  • 個人差がありますが、施術中や施術後に歯がしみる場合があります。
  • 歯が重なっている箇所は光が届かないため、色ムラができる場合があります。